読売新聞

よみうりしんぶん

読売新聞の題字の画像

2014年印刷

通常版

読売新聞の公式サイトの記述によると、題号は、書家の印南渓龍(いんなみ・けいりゅう)さんによる揮毫だそうです。3日間で100枚ほど書き、その中からこの1枚を選択。1946年から紙面に登場して、現在まで使われています。

よく見ると、「賣」という字の上の「士」が「十」という字になっていませんか。同じつくりの「讀」と比べてみて下さい。これは間違いではなく、隷書体では、こういう省略がよくあるそうです。

とのことです。

ねこぺんコメント

日本には現在5つの全国紙があり、読売新聞はその中の1つですが、唯一の横長の題字です。

全国紙の他の4つは、朝日新聞毎日新聞日本経済新聞産経新聞で、まとめて五大紙とも呼ばれています。

朝日新聞は縦長、毎日新聞は方形、日本経済新聞は縦長、産経新聞は方形です。

カラー:黒地紋:無地形状:横長新の左下:木種別:全国紙本社所在地:関東

新聞社情報

株式会社読売新聞東京本社


地紋:無地 のほかの題字を見る

本社所在地:関東 のほかの題字を見る

プライバシーお問い合わせ

© 2020 ましゃぺん